予約システムとインターネットの連携

近年ではあらゆるサービス業が予約システム関連への投資を強化しており、予約業務の自動化を推進しています。

そのためのインフラとして利用されているのが高度に発達したインターネット技術であると多くの人が理解しています。



この情報化社会への変化はインターネットの発達とともに進んでおり、従来では電話による人と人のコミュニケーションとして行われてきた管理業務が人と機械の間で行われるように変わってきているのです。



従来の人と人のコミュニケーションで行う予約システムのあり方が、同時に一つの処理が限界であったのに対し、コンピューター管理の場合には同時に多数の処理を正確に行うことができるようになります。


また、人間の場合とは異なり24時間対応することができる体制を作ることができるのです。
電話対応の件数を少なくすると言うことはそのまま人件費の圧縮を図ることにつながっており、長期的には大きな利益を生む仕組みになっていくと考えることが出来ます。

この様な背景があるため、サービス業を中心として多くの企業が予約システムに関心を向けているのです。

しかしながらこの様なシステム対応を取ることができるのは現在のところは大手企業に限定されます。


それは非常に高額な設備投資が必要になるためであり、小規模事業では採算が取れない状況にあるためです。



そのため小規模事業は大手のサービスに相乗りする道を選び、末端での最終確認を人の手で行うという半自動化の対応に止まっています。